¥8,000お買い上げで送料無料!ラッピング無料!

家庭菜園~鍬(くわ)の選び方

安心・安全な野菜を食べたい!!
趣味として楽しみたい!!
色々な理由から家庭菜園をはじめる方が増えています。

プランターを使った方法もありますが、どうしてもつくれるものが限られます。やっぱり土を耕して家庭菜園にトライしたいと思われる方へ、鍬(クワ)の種類と用途をご説明しています。

1本の鍬で最初から最後まで出来れば良いのですが、土作りの段階でどうしても数種類の鍬を使い分ける必要があります。

固くしまった土を最終的にはサラサラ、ふかふかした土にかえる作業が土づくりの基本です。

①土起し(初期)
土作り初期の段階で固くしまった土をショベルを使って起します。ショベルは先がシャープで土刺さりがよく、初期の耕起作業にオススメです。

②土起し
これまで畑になっていた場所であれば、土作りはここからスタートです。
通常は唐鍬(とうぐわ)とう呼ばれる、土起し用の鍬を使用します。重量も重く頑丈なつくりでその重さを活かして土を起します。固くしまった土は唐鍬で起こすとゴロゴロした塊になります。

③土を砕く(空気を入れる)
唐鍬で起こした土の固まりを、備中鍬(びっちゅうぐわ)、三本鍬、四本鍬と呼ばれる爪のある鍬で、崩して行きます。ここで空気を入れながら細かく崩していく意識で塊が無くなり土が柔らかくなるまで耕します。

④畝立て
空気が入って柔らかくなった土を、家庭鍬、大正鍬などの平鍬を使って、種や苗を植える為の畝(うね)を作ります。

①~④で土の状態、やりたい作業が違うため同じ道具一つでやってしまうことはとても難しい作業です。道具の重量や強度は作業内容によって適切なものになっている為、④で使う平鍬(家庭鍬など)で①~③の作業をする事は強度的に無理で、鍬が破損します。
①で使う唐鍬で全ての作業をすることは無理ではありませんが、大変な重労働で多くの人にはオススメできません。

①土起し(初期、天地返し)

土作り初期の段階で土が固くしまってる場合はショベル(使うのは剣先、丸型で角型ではありません)の使用はとても有効です。
理由は先がシャープで土刺さりが良く、深く掘りやすいからです。
また天地返しなどに使用しますし、ガーデニングにも使う用途多いのでお持ちでなければ1本あると良い道具です。

[使用する道具]
丸型(剣先)ショベル
土を掘り返す作業となりますので、先の尖った丸型(剣先)ショベルをオススメします。角型は掘る作業には向きません。

[家庭菜園向けのショベルを選ぶポイント]
固くしまった土を掘り返しますので、土刺さりが良く丈夫なショベルをオススメします。パイプ柄と木柄がありますが一般的にはパイプのほうが耐荷重が大きい(丈夫)のでパイプ柄をオススメします。
※メーカーやその商品にもよりますが軽量を謳っているショベルは今回オススメしません。(強度が弱いものがあるので)

[ファミリーツールオススメ商品]
浅香工業 金象 Q-4ショベル
オススメポイントは、ショベルNo.1ブランドの金象が家庭菜園向けにつくったショベルです。丈夫なパイプ柄、ほんの少し小ぶりな頭と踏みやすいワイドステップなど機能充実!!

家庭菜園にオススメの [金象 Q-4ショベル] はこちらです!!

②土起し

これまで畑になっていた場所であれば、土作りはここからスタートです。
通常は唐鍬(とうぐわ)とう呼ばれる、土起し用の鍬を使用します。唐鍬は頭部の板厚が厚く頑丈なつくりで、柄(え)も樫(かし)や楢(なら)など丈夫な木材を使用しています。重量も頑丈なつくりで重く、その重さを活かして土を起します。固くしまった土は唐鍬で起こすとゴロゴロした塊になります。

[使用する鍬]
唐鍬・トンビ鍬

[唐鍬・トンビ鍬を選ぶポイント]
①刃が付いている
横から見て刃が付いている物をお選び下さい。

②先に向かって薄くなっている
ヒツ(柄を取付ける部分)から先端に向かって滑らかに厚みが薄くなっているものが、土刺さりがよくオススメです。
※火造りで叩いて先端に向かって肉を薄くした鍬が良い鍬です。

③丈夫な柄
唐鍬、トンビ鍬には丈夫な樫(かし)や楢(なら)の木材がオススメです。

④重さ
土起しに使う鍬は、重さも重要です。
頭だけの重さは、女性で1kg前後、男性は1.2kg前後がオススメです。

[ファミリーツールオススメの商品]

相田合同工場 菜園トウグワ 1kg
家庭菜園にオススメの [菜園トウグワ 1kg] はこちらです!!


相田合同工場 プロ仕様 トンビ鍬
家庭菜園にオススメの [プロ仕様 トンビ鍬] はこちらです!!

③土を砕く(空気を入れて柔らかくする)

唐鍬で起こした土の固まりを、備中鍬(びっちゅうぐわ)、三本鍬、四本鍬と呼ばれる爪のある鍬で、崩して行きます。
堆肥などはこの段階で土の上に撒いて下さい。空気を入れながら土の塊を細かく崩していく意識で塊が無くなり土が柔らかくなるまで耕します。

[使用する鍬]
備中鍬、三本、四本鍬

[ファミリーツールオススメ商品]

相田合同工場 三ツ又鍬 軽量タイプ
家庭菜園にオススメの [三ツ又鍬 軽量タイプ] はこちらです!!


相田合同工場 四本万能鍬
家庭菜園にオススメの [四本万能鍬] はこちらです!!

④畝立て、管理

空気が入って柔らかくなった土を、家庭鍬、大正鍬などの平鍬を使って、種や苗を植える為の畝(うね)を作ります。水はけがよかったり作物によっては畝立ての必要がない場合もありますが、家庭菜園ではあとの管理も楽なので畝を立てることをオススメします。

使用する道具/家庭鍬、大正鍬などの平鍬(ひらぐわ)

[ファミリーツールオススメ商品]

相田合同工場 家庭菜園鍬 極(きわみ) ステンレス鋼付
家庭菜園にオススメの [家庭菜園鍬 極(きわみ) ステンレス鋼付] はこちらです!!

作業目的合った鍬をお使い下さいm(__)m

鍬は作業目的によって、形状、板厚、柄の入れ方、柄の材質などが違います。安全に効率よく作業していただくために、長年培われ改良されて現在の形になっています。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。